統合失調症と医療の改善策


医療での薬と看護のからの改善


医療での改善の経験は何度かありました。
それは主に薬と看護でしたが、精神的なものが大きかったと思います。
私の父の認知症の介護をした時の経験ですが、もし薬や看護師さんたちの適切な対応や医師の対応がなかったならば、たぶん寿命がだいぶ短くなったのではないかと思っています。
父を毎日介護している時に医師から処方された薬を飲まないことが何度かあり、その飲まない日と飲んだ日を比較してみたところ、飲んだ日には安定していた精神状態が、飲まなかった日には極端に動揺しだし怒り出したりの感情のブレが大きかった事実からでした。
また薬の分量を変えてみた時でも、その変化が大きかったので、やはり薬の効果が大変高かったのは間違いないと思います。


認知症の場合には、医療の対応、特に薬の適切な分量や飲むかどうかで、様態の変化が激しいものになるという

[1] 2



【ページ一覧】
  • 医療の改善、機械に頼らない医療を
  • 病気の症状を改善するには医療に頼るだけではダメです
  • 医療の改善のための視野
  • 医療機関で肌アレルギー改善
  • 医療を受けて症状改善
  • 医療での薬と看護のからの改善
  • 医療の改善と訪問看護の体験
  • 医療の改善とシステムの重要性
  • 将来的に医療に頼るよりも、今から少しずつ生活習慣の改善を
  • サイト運営と免責事項

  • 【カテゴリ一覧】


  • 【PR】



    統合失調症と医療の改善策
    Copyright 2018 All Rights Reserved.