統合失調症と医療の改善策


医療機関で肌アレルギー改善


もう8年ほど前の話になります。
お風呂で頭を洗っていると、スルスルと大量の髪の毛が抜けることに気づきました。
それから数日で、一目で判るほど頭髪が薄くなってしまったのです。
あわてて地元の皮膚科に行くと、円形脱毛症だと言われ、飲み薬の他にドライアイスを患部に当てるという治療を受けました。

しかし一向に改善せず、特殊な薬剤を幹部に塗布するという別の治療が始まりました。
結果から書きますと、その治療によって確かに頭髪は改善しました。
ほぼ9割くらいは元に戻ったと思います。

しかし、副作用として皮膚のアレルギーが発症してしまったのです。
その後は脱毛症と共に、皮膚のアレルギー症状に対する治療が始まりました。
初めは弱いステロイド剤を患部に塗る程度だったのですが、なかなか治まらず、脚の

[1] 2 3



【ページ一覧】
  • 医療の改善、機械に頼らない医療を
  • 病気の症状を改善するには医療に頼るだけではダメです
  • 医療の改善のための視野
  • 医療機関で肌アレルギー改善
  • 医療を受けて症状改善
  • 医療での薬と看護のからの改善
  • 医療の改善と訪問看護の体験
  • 医療の改善とシステムの重要性
  • 将来的に医療に頼るよりも、今から少しずつ生活習慣の改善を
  • サイト運営と免責事項

  • 【カテゴリ一覧】


  • 【PR】



    統合失調症と医療の改善策
    Copyright 2018 All Rights Reserved.