統合失調症と医療の改善策


医療の改善、機械に頼らない医療を


私の患者としての経験です。
血液検査と尿検査をする時のことです。
私は毎月病院で血液と尿の検査をしていますが、この日はとても待機している患者さんが多いので少し驚きました。
長椅子に腰かけて待っていたところ、機械の故障で少し時間がかかりますので、ご了承くださいということを言われました。
機械の故障であれば仕方のないことです。
他の患者さんもだまって待っていました。
その時、検査室から聞こえてきた言葉に驚きました。

検査室から出てきた言葉は、順番がわからないとか、この人はもう尿検査が終わっているのかいないのかわからなくなったとか、何が何だかわからないなどという言葉が飛び交っていました。
私にしてみれば、尿の検査と血液の検査だけの検査室なので、ゆっくり時間をかければ、簡単なことです。
落ち着いて

[1] 2 3



【ページ一覧】
  • 医療の改善、機械に頼らない医療を
  • 病気の症状を改善するには医療に頼るだけではダメです
  • 医療の改善のための視野
  • 医療機関で肌アレルギー改善
  • 医療を受けて症状改善
  • 医療での薬と看護のからの改善
  • 医療の改善と訪問看護の体験
  • 医療の改善とシステムの重要性
  • 将来的に医療に頼るよりも、今から少しずつ生活習慣の改善を
  • サイト運営と免責事項

  • 【カテゴリ一覧】


  • 【PR】



    統合失調症と医療の改善策
    Copyright 2018 All Rights Reserved.